免許証だけでお金借りる少額融資のメリット

生活していくなかでは急な冠婚葬祭があったり、給料日前に飲み会などの交際費と必要になる時があると思います。
そんな時に少額融資を希望される方に多く利用されているのは銀行のカードローンより消費者金融です。

銀行のカードローンと消費者金融を比べてみると銀行のカードローンのほうが低金利なのですが少額融資となれば金利を気にする必要はありません。

そして消費者金融は総量規制があり年収の3分の1までの借入と制限されているので少額融資に向いているのです。

さらに金融機関によれば30日間の無利息期間サービスが設けてあったりしますので利用するとお得になります。

だいたいの銀行のカードローンも消費者金融も最低の限度額が10万円となっており、不安な方でも安心して借り入れすることができます。

1万円程度の少額からの借り入れが可能で、店舗によっては千円単位で借り入れ可能なところもあります。

しかし、だいたいの消費者金融のATMを利用するのに手数料がかかってしまいますが銀行のカードローンなら手数料無料というサービスも。

ATMならコンビニはもちろんショッピングセンター内にも設置されているので買い物するときの必要な少額ならすぐに利用ができ便利です。

消費者金融なら審査の時間も短く、丁寧で審査基準が高い銀行カードローンと比べると比較的に審査が柔軟なので通りやすいです。
ですので、アルバイトの方やパートの方にも簡単に借り入れができることで多く利用されています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ